ビタミンPサプリで体の調子をサポート!元気な毎日へ

ビタミンPサプリ 画像ビタミンP」はポリフェノールの一種で

その健康効果の高さから近年注目を集めている成分です。

 

ビタミンPにはいくつかの種類があり、緑茶に含まれて
いるカテキンやベリー果実に多いアントシアニンも
ビタミンPの一種ですが、抗酸化作用や血流改善などの
健康効果が優れているとして特に注目されているのが、
柑橘系に多く含まれているヘスペリジンです。

 

ヘスペリジンにはビタミンCの働きをサポートする作用や
毛細血管の強化、コレステロール値の調整など
様々な効果がある事が分かっています。

 

ビタミンPサプリ 画像最近ではアレルギーへの効果にも期待

されており、体の調子を広く整える成分として
多くのサプリメントにも使用されています。

 

このヘスペリジンが多く含まれているのはミカンですが、
実よりも薄皮や白いスジの部分に豊富に含まれています。

 

ですがスジ付きのミカンを毎日食べ続けるのもなかなか難しいですよね。

 

そこで手軽にビタミンPを摂取出来る方法として、
ビタミンPサプリを毎日の生活に取り入れている人が増えています。

 

ビタミンPサプリ 画像ビタミンPには多様な効果が期待出来るため、

サプリメントの目的も血管の健康維持やダイエット、
めぐり改善、美容、花粉症対策など様々な
種類のビタミンPサプリが販売されています。

 

手足の末端など体の冷え、冷え性を改善したい
体温を上げたい、低体温で悩んでいる
身体の巡りを改善したい、代謝を上げたい
花粉症や鼻炎などのアレルギー体質で悩んでいる
健康維持、健康サポートのためサプリを取り入れたい
ダイエットを効果的にサポートするサプリを探している

 

このような悩みのある方は、ぜひ一度
ビタミンPサプリを試してみてください。

 

当サイトでは数あるビタミンPサプリの中から
品質や吸収力の高い人気のサプリを集めてご紹介して
いますので、ビタミンPサプリ選びの参考にしてみて下さいね。

 

ビタミンPサプリランキング【口コミ人気最新版】

 
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンの特徴

江崎グリコが20年もの長い年月をかけて開発した
ビタミンPサプリで、血行促進に有効な
ヘスペリジンが2種類配合されています。

1つめは、体内への吸収率を高めて体中をじっくりとめぐり
長く持続して効果を発揮する「糖転移ヘスペリジン」。

2つめは、独自技術で微粒子化して素早く吸収
されるようにした「ナノヘスペレチン」。

この2つのヘスペリジンが、早く・長く・しっかりと体に
働きかける事で血行を促進してめぐりをアップさせ、
冷え症の改善や美容、健康維持、アンチエイジング
などの幅広い健康効果に期待が持てます。

毎日の健康と美容をサポートするアイテムとして
今人気が高まっているビタミンPサプリです。

価格 2,160円1,080円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 糖転移ヘスペリジン(ビタミンP)
ナノヘスペレチン(ビタミンP)
αGヘスペリジン
+ナノヘスペレチンの通販情報

【商品情報】
内容量:31粒(約1ヶ月分)、ハードカプセル
摂取目安量:1日1〜2粒
販売メーカー:グリコ

【通販のお得情報】
・通常購入で初回限定50%オフ送料無料
・定期購入で初回50%オフ、2回目以降も約9%オフ
+送料無料、今なら初回お届け時にもう1袋プレゼント中
・定期購入は更にお得な3ヶ月ごとに3袋お届けコースもあり

 

 

 
金時しょうが粒

金時しょうが粒

金時しょうが粒の特徴

ポカポカ効果の高い金時ショウガに加えて、
ビタミンPのヘスペリジンや漢方にも使われている
ヒハツもバランス良く配合されたサプリメントです。

更に、保湿力の高いヒアルロン酸も配合されており、
美容と健康を守りたい女性から人気を集めている商品です。

入浴前に飲むと発汗作用が促進されて
新陳代謝も高まり、体がよく温まります。

ショウガやヘスペリジン、ヒハツの効果で血行を促進して
体を温め、ヒアルロン酸が潤いを守ってくれるため
手足の冷えや乾燥が気になる方におすすめです

価格 1,728円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 金時ショウガ、ヘスペリジン(ビタミンP)
ヒハツ、ヒアルロン酸
金時しょうが粒の通販情報

【商品情報】
内容量:30粒(約1ヶ月分)、錠剤
摂取目安量:1日1〜2粒
販売メーカー:サンワ食研

【通販のお得情報】
・初回購入でメール便送料無料
・定期購入なら10%オフ+送料無料
+今ならサプリケースプレゼント

 

 

 
エクオール

エクオール

エクオールの特徴

大手製薬会社である小林製薬が販売しているサプリメントで、
女性ホルモンに似た働きを持つ「エクオール」という
成分が配合されているのが特徴です。

エクオールは大豆イソフラボンが腸内細菌の作用で
変化した成分ですが、日本人の約半数がこの腸内細菌を
持たないため、大豆製品を摂取してもエクオールが
作られないという事が分かっています。

エクオールサプリはエクオールを直接配合している
ので体内で効果的に作用させることが出来ます。

また、血行促進効果で冷え性緩和に効果の期待
出来るヘスペリジンや、女性ホルモンをサポートする
ブラックコホシュもエクオールサプリには配合されています。

価格 2,700円1,890円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 エクオール、酵素処理ヘスペリジン(ビタミンP)
ブラックコホシュ
エクオールの通販情報

【商品情報】
内容量:30粒(約1ヶ月分)、タブレット
摂取目安量:1日1粒
販売メーカー:小林製薬

【通販のお得情報】
送料無料
・通常購入の初回限定で30%オフ
・定期購入で初回50%オフ(初回解約可)、2回目以降は10%オフ

 

 

 
ファスター10

ファスター10

ファスター10の特徴

ビタミンPであるヘスペリジンを始めとした
数多くの成分が配合された食生活改善サプリで、
満腹感を促して食べ過ぎを予防する事が出来ます。

食事の前に飲む事で胃の中にすばやく拡散し、
早食いや大食い、ながら食いを抑えて
ダイエットや健康習慣をサポートします。

ヘスペリジンの他、糖や脂質の吸収を抑えるサラシア
食物繊維やビタミン類などが配合されています。

価格 3,900円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 ヘスペリジン(ビタミンP)、ビタミン類
ファスター10の通販情報

【商品情報】
内容量:10包(約10日分)、顆粒(クランベリー味)
摂取目安量:1回1包
販売メーカー:株式会社ソシア

【通販のお得情報】
・まとめ買いで最大66%オフ
3箱以上の購入で送料無料

 

 

 
金時生姜+7種

金時生姜+7種

金時生姜+7種の特徴

有効成分がぎっしりと詰まった金時ショウガを中心に、
ビタミンPのヘスペリジンや燃焼成分のカプサイシン
などの7種のサポート成分を加えたサプリメントです。

ショウガのポカポカ効果はよく知られていますが、
サポート成分の中でも特にヘスペリジンとヒハツは
体内のめぐりを改善して血行を促進し、冷え性の
改善に有効だとして注目されている成分です。

冷え性や肌荒れ、むくみや太りやすい体質など代謝が悪く
なって起こる様々な症状に悩んでいる方におすすめです。

価格 1,188円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 金時ショウガ、糖転移ヘスペリジン(ビタミンP)
カプサイシン、ヒハツ、ビタミン類
金時生姜+7種の通販情報

【商品情報】
内容量:56粒(約14日分)、タブレット
摂取目安量:1日4粒
販売メーカー:noi

【通販のお得情報】
送料無料
・まとめ買いで最大20%オフ

 

 

 
やかないサプリ

やかないサプリ

やかないサプリの特徴

ビタミンCやセラミド、ビタミンPであるヘスペリジンなどの
美肌成分が配合されている日焼け予防サプリです。

有効成分がメラニン生成を抑制し、ターンオーバーを
正常化して紫外線ダメージからの回復を促すため、
日焼けの予防や焼けた肌の回復効果が期待出来ます。

UVクリームのベタつきが苦手な方や、
外での趣味を楽しみたい方におすすめです。

価格 3,067円2,453円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 パイナップルセラミド、フィトール
ヘスペリジン(ビタミンP)、ビタミンC
やかないサプリの通販情報

【商品情報】
内容量:30粒(約1ヶ月分)、ソフトカプセル
摂取目安量:1日1粒
販売メーカー:オルト

【通販のお得情報】
送料無料
・通常購入の初回限定で20%オフ(3袋まで)

 

 

 
DHCのビタミンP(糖転移ヘスペリジン)

DHCのビタミンP(糖転移ヘスペリジン)

DHCのビタミンPの特徴

多くのサプリメントを手掛けるDHCのビタミンPサプリで、
糖転移ヘスペリジンをハードカプセルに詰め込んだ
シンプルな成分が特徴です。

配合されているヘスペリジンは1日分あたり500rで、
これはビタミンPサプリの中でもトップクラスになっています。

ヘスペリジンをたっぷりと摂取したい方におすすめです。

価格 1,440円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 糖転移レスペリジン(ビタミンP)
DHCのビタミンPの通販情報

【商品情報】
内容量:60粒(約1ヶ月分)、ハードカプセル
摂取目安量:1日2粒
販売メーカー:DHC

【通販のお得情報】
特になし

 

 

 
青みかんヘスペリジン

青みかんヘスペリジン

青みかんヘスペリジンの特徴

青ミカン由来のヘスペリジンに加えて、グァバ茶や
テンチャ、シソ、ハーブ類などを配合したビタミンPサプリで、
花粉症などのアレルギー症状に悩む方におすすめです。

ヘスペリジンが1日分あたりに160rしっかりと
配合されながらも、1ヶ月分の1袋で通常価格980円
というリーズナブルさも魅力となっています。

価格 980円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 ヘスペリジン(ビタミンP)
青みかんヘスペリジンの通販情報

【商品情報】
内容量:120粒(約1ヶ月分)、タブレット
摂取目安量:1日4粒
販売メーカー:くすりの勉強堂

【通販のお得情報】
・メール便で送料無料

 

 

 
ヘスペリジン粒

ヘスペリジン粒

ヘスペリジン粒の特徴

柑橘由来のヘスペリジンが、1日分に237r
配合されているビタミンPサプリです。

冷え症の改善やダイエット、美肌効果、健康維持
効果が期待出来るので、年齢や性別に関わらず
毎日の栄養補助におすすめです。

価格 705円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 ヘスペリジン(ビタミンP)
ヘスペリジン粒の通販情報

【商品情報】
内容量:30粒(約1ヶ月分)、タブレット
摂取目安量:1日1〜2粒
販売メーカー:健美本舗

【通販のお得情報】
・メール便で送料無料

 

 

 
ブルーヘスペロンキンダイ

ブルーヘスペロンキンダイ

ブルーヘスペロンキンダイの特徴

近畿大学で研究開発された「キンダイサプリ」シリーズの一つで、
温州ミカンを原料にして作られたビタミンPサプリです。

温州ミカンのヘスペリジンナリルチンが配合されており、
冷え症や花粉症の改善、血行促進、生活習慣病の予防、
美白美容など健康や美容への幅広い効果が期待出来ます。

価格 2,700円
評価 ビタミンPサプリ 評価
こだわりの成分 ヘスペリジン、ナリルチン
ブルーヘスペロンキンダイの通販情報

【商品情報】
内容量:270粒(約1ヶ月分)、タブレット
摂取目安量:1日9〜18粒
販売メーカー:ア・ファーマ近大

【通販のお得情報】
・メール便で送料無料

 

当サイトのランキングは各ビタミンPサプリの販売実績や口コミサイト

(@cosme,YahooBeauty,amazon,楽天)の評価を元に順位づけをしています。

 


ビタミンPサプリのランキング一覧

ここでは、今回ご紹介したビタミンPサプリを
一覧でランキングにしてまとめています。

 

(画像クリックで拡大)
ビタミンPサプリ ランキング 画像
※価格は全て税込です。

 

 

口コミでの評判が高く、今もっとも人気を集めているビタミンPサプリは
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン
(グリコ)という結果になりました!

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン 画像

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは、食品メーカーであるグリコが
20年もの長い年月をかけて開発したビタミンPサプリです。

 

その一番の特徴は、青ミカン由来のヘスペリジンが
2種類配合されているという点にあります。

 

従来のヘスペリジンよりも吸収力に優れている
「糖転移ヘスペリジン」と、素早く効く「ナノヘスペレチン」の
ダブルのパワーによって、αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは
早く長くしっかり持続する効果を期待する事が出来ます。

 

現代では、平熱が36℃を下回る低体温の人が増えて
いますがそのような状態では体の免疫力が下がり、
病気や風邪にかかりやすいと言われています。

 

また、冷えは便秘や不眠、不妊などの症状の
原因にもなり健康を守るためにはスムーズな代謝と
適度な平熱の高さが大切になっています。

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン 成分 画像

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンの利用で代謝や
血流を促進するビタミンPを毎日の生活に補う事で、低体温や
それに伴う不調の改善をサポートする事が出来ます。

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは今なら
初回購入の場合半額で購入出来るキャンペーン中で、
定期購入であればもう1袋プレゼントという特典付きです。

 

体が冷えやすく、寒い季節や夏のエアコンが苦手な方に
愛用者の多いサプリメントなので、代謝の悪さや冷え性に
悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

公式販売サイトはこちらです。

 

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

αGヘスペリジンのレビュー|ビタミンPは冷え性に効く?

ここでは、血行促進作用でむくみや冷え性に有効と
言われる「αGヘスペリジン」というビタミンPサプリの
レビューを紹介しています。

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

実際に試した使用感や実感した効果、
サプリの特徴などについてまとめてみました。

 

個人の感想であり、効果を保証するものではありませんが
ひとつの体験レビューとして参考になれば、と思います。

 

 

レビューをしている私について

αGヘスペリジンのレビュー

 

私は30代半ばの主婦です。
20代になった頃から「もしかして、これって冷え性?」と
思う事が多くなり、30代になってからは本格的に
冷えて眠れなくなるほどになってしまいました。

 

手はツラいという程ではありませんが(冷たいですが)、
とにかく足!足が冷えてツラいんです。

 

モコモコの靴下を履いていても足首から下が冷えて
全然温まらず、布団に入っても温まらず…。

 

ニットで伸びの良いゆる〜い靴下を履いても
ふくらはぎや足首にニットの後が付いて消えない
のは、むくみもあるせいだと思います。

 

寒い季節に入ってくると毎年つらいので、今年は何とか冷え性を
改善したいと思い、サプリを取り入れてみる事にしました。

 

 

αGヘスペリジンの決め手は?

αGヘスペリジンのレビュー

 

冷え症改善サプリメントは色々な種類があり、生姜をメインに
したサプリが多かったので迷いましたが私はビタミンP
摂れる「αGヘスペリジン」を飲んでみる事にしました。

 

その決め手となったのは、ヘスペリジンの
健康効果の高さに魅力を感じたからです!

 

ビタミンPであるヘスペリジンは、血行促進効果に
優れているようで、冷え性だけではなくむくみ改善や
健康維持にも効果があるみたいです。

 

しかも、ヘスペリジンはポリフェノールの一種で抗酸化作用が
高い成分なので、アンチエイジングにも効くかも!?と美容
効果にも期待出来そうな点に惹かれました。

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

ヘスペリジン配合のサプリも多くの種類がありましたが、
その中でもグリコのαGヘスペリジンは、ヘスペリジンを
2種類配合
していて吸収率に優れているみたいだし、口コミ
人気でも定評があるので間違いはないかな、と思ったんです。

 

何より、普段から親しみのある食品メーカーさんの
サプリなので安心感もありました!

 

 

αGヘスペリジンを購入!

αGヘスペリジンのレビュー

 

αGヘスペリジンは、公式の通販サイトから注文しました。
ミカンの成分が配合されているというだけあって、
オレンジ色を基調とした見やすいサイトです。

 

通販サプリは品質が良い替わりに値段が高めの商品が
多いイメージでしたがαGヘスペリジンは割とリーズナブルでした。

 

通常価格が2,000円というのも手頃な値段だと
思いましたが、初回購入の場合は半額で1,000円
いうのだから「安っ!!」と驚いてしまって!

 

これなら、万が一気に入らなくても諦められる値段です(笑)

 

定期コースなら、この値段で初回にもう一袋付いてくるという
プレゼント付きでしたが、3ヶ月以上の継続が条件だったので
今回はとりあえず試す気持ちで単品購入にしてみました。

 

 

商品が届きました!

αGヘスペリジンのレビュー

 

届いたのは、グリコのロゴ入りの箱だったので
一瞬「お菓子かな?」と思ってしまいました(笑)

 

でも、グリコのサプリだからグリコのロゴが
入ってるのは当たり前ですよね(汗)

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

箱を開けてみると…
中は、こんな感じになっていました。

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

  • 商品(αGヘスペリジン)1袋
  • 挨拶文
  • 納品書
  • 優待のお知らせ
  • αGヘスペリジンまるわかり読本
  • ヘスペリジン&コラーゲンの案内
  • 「グリコ商品ができるまで」の冊子
  • めぐり実感カレンダー
  • チラシ(「体温の話」と「定期コースの案内」)
  • 注文はがき

 

私はチラシや読み物が好きなので、こうした
読み物が入っているのはとても嬉しいです♪

 

 

αGヘスペリジンの成分について

αGヘスペリジンのレビュー

 

商品には、αGヘスペリジンの原材料が記載されていました。

 

【αGヘスペリジンの成分】
でん粉、糖転移ヘスペリジン、果実抽出物加工品、乳化剤、微粒酸化ケイ素
(原材料の一部に大豆を含む)(被包材としてカラメル色素・HPMC)

 

有効成分のメインである糖転移ヘスペリジンは、
グリコが開発した吸収率3倍のヘスペリジンだそうです。

 

更に、成分を微粒化した状態のナノヘスペレチン
配合しているので、ダブルの効果で代謝を上げて
冷え症などの症状を改善してくれるようです。

 

 

早速飲んでみました!

αGヘスペリジンのレビュー

 

αGヘスペリジンは1日1粒の摂取が目安です。
飲む時間やタイミングに決まりは無いので、
私は昼食後に飲むようにしてみました。

 

というのも、糖転移ヘスペリジンはゆっくり効く性質で
8時間後に効果を発揮し、ナノヘスペレチンは即効性がある
ので1時間後に効果が出るという特徴があるそうなんです。

 

普段、夫は仕事・子供達は小学校で日中は私一人で家に居る
ため、一人の時は節約の為に暖房も控えめにしているんです。

 

なので、昼食後に飲んで即効のナノヘスペレチンで日中の冷え
対策をして、夜になってから効いてくる糖転移ヘスペリジンで
就寝時の対策が出来れば良いな、という作戦です。

 

でも口コミなどを見ていると、朝食後に飲む人が多そうでしたね。

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

αGヘスペリジンは黄色っぽいカプセルのサプリでした。

 

サイズは一般的なカプセルですね。
私は錠剤やカプセルを飲むのが得意ではなく、
1度に複数個飲むのは難しいのですがαGヘスペリジンは
1日1粒で良いので、これなら私にも続けやすいです。

 

 

私が実感した効果

αGヘスペリジンのレビュー

 

αGヘスペリジンを飲み始めて1ヶ月が経ち、ちょうど
1袋を飲み終わったのでその効果についてレポートします。

 

結論から言うと、1ヶ月間では「劇的に暖かくなった!」
という程の効果は感じられませんでした。

 

やっぱり足は冷えているし、靴下は手放せません。

 

でも、以前は朝起きても布団の中でまだ足が冷たくて…
という事もよくありましたが、今は寝ている途中で靴下を脱いで
いるようで朝起きる時は足がポカポカしています。

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

少しずつですが、効果が出ていると言っても良さそうだと思います。

 

サプリメントなので、3ヶ月くらいは飲み続けてみないと
本当の効果は分からないかもしれませんね。

 

また、飲んでいる中で副作用的な症状も特に感じませんでした。

 

商品説明や他の方のレビューを見ていても副作用についての報告は
見当たらなかったので、安心して飲めるサプリメントだと言えそうです。

 

もちろん、目安量を守る事は大切ですけどね!

 

 

αGヘスペリジンのレビューまとめ

αGヘスペリジンのレビュー

 

冷え症に悩む女性は多いですが、ただ冷えてツラいだけではなく
冷え症は不妊の原因にもなりうる問題と言われています。

 

基礎代謝がアップすれば免疫機能も向上するので
健康を維持するためには体温を上げる事が大切なんですね。

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

口コミを調べてみると、「効果があった!」という方と
「いまいち…」という方の両方の感想がありましたが、急がずに
長い目で見て飲み続ければ効果が出やすそうだな、と思いました。

 

ミカンは昔からお風呂に入れたり皮をお茶にしたりして
健康のために利用されてきた食材なので、
その効果は信頼出来る気がします!

 

αGヘスペリジンのレビュー

 

血行が悪く冷え性などに悩んでいる方は、試しに
ビタミンPサプリを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

私が試したαGヘスペリジンはこちらの公式ページから購入出来ます。

 

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 


ビタミンPってどんな成分?

ビタミンP 特徴 画像サプリメントにも多く使用されている「ビタミンP」は、

様々な健康効果があるとして人気を集めている成分です。

 

あまり聞き慣れない名前の成分ですが、
一体どのような成分なのでしょうか?

 

ここではビタミンPについて詳しく見てみましょう。

 

 

ビタミンPはビタミンの仲間なの?

ビタミンPは「ビタミン」という名前が付いていますが、
ポリフェノールの一種に分類されています。

 

一体どういう事なのでしょうか?

 

それは、ビタミンPが発見された当初にビタミンの一種と思われたものの
厳密にはビタミンとは異なり、正しくはビタミンに似た作用をする
「ビタミン様物質」の仲間に入るという事が明らかになったためです。

 

ビタミン様物質の仲間には、ビタミンPの他にも
葉酸やカルニチンなど多くの種類が存在しています。

 

 

ビタミンPの種類は?

ビタミンP 特徴 画像

 

ビタミンPの中でも代表的なのはヘスペリジンという成分ですが、
その他にもいくつかの種類があります。

 

ヘスペリジン…柑橘類の薄皮や白いスジに多く含まれる。

 

カテキン…緑茶に多く含まれる。

 

ルチン…蕎麦やいちじくに多く含まれる。

 

イソフラボン…大豆に多く含まれる。

 

ケルセチン…玉ねぎに多く含まれる。

 

など。
これらのビタミンPの中でも、健康をサポートするサプリメントには
特にヘスペリジンが多く使用されています。

 

漢方でも、ヘスペリジンが豊富なミカンの皮を乾燥させた
「陳皮」という生薬が、古くから使用されています。

 

ミカンのスジや薄皮の苦みは、豊富に含まれているヘスペリジンに
よるもので柑橘類が自らの身を紫外線などから守るためのものです。

 

ヘスペリジンは、紫外線のダメージで作られる活性酸素を
除去する働きに優れているため、ヒトの体内においても高い
抗酸化作用を発揮して生活習慣病の予防などに役立っています。

 

 

ビタミンPは体内で生成出来ない

体の健康を維持するために必要な作用を持っているビタミンP
ですが、ヒトの体内では生成する事が出来ない成分です。

 

しかも水溶性の性質を持ち、過剰に摂取した分は
流れ出てしまうため、体内に溜めておくことが出来ません。

 

そのため、継続的に食品やサプリ等で摂取し続ける事が大切です。

 

厳密な摂取目安量は定められてはいませんが、
健康の為には1日あたり20〜100r程度の
ビタミンPを摂取すると良いと言われています。

 

毎日食品からだけで充分な量のビタミンPを摂取する
事はなかなか難しいため、ビタミンPサプリを利用して
手軽に継続する方法もおすすめです。

 

 

ビタミンPの性質について

ビタミンP 特徴 画像

 

ビタミンPは水溶性の物質ですが、ヘスペリジンには
水に溶けにくいという性質があります。

 

そのためヘスペリジンそのままでは体への吸収も
あまりよくないものですが、ヘスペリジンに糖を加えた
糖転移ヘスペリジン」はとても水に溶けやすく、
吸収性にも優れていると言われています。

 

また、ビタミンPは光や熱のダメージに弱く、
酸化しやすいという性質もあります。

 

空気に触れだけでも変性してしまうと言われているため、
サプリ等に配合する際、効果的に体に吸収させるためには
製造工程に一工夫が必要と言われています。

 

 

 

ビタミンPが豊富な食品は?何を食べると良いの?

ビタミンP 食品 画像ビタミンPには、血管の調子を整えてめぐりを良くし、

体を温める効果があると言われています。

 

しかし体内で生成する事が出来ないため、
食品などから摂取する必要があります。

 

では、ビタミンPはどのような食品に多く含まれているのでしょうか?
ここでは、ビタミンPが豊富な食品について紹介しています。

 

 

ビタミンPは含有量の記載が無い

必須栄養素であるミネラルやビタミン類、アミノ酸には食品中に
どれくらいの量が含まれているのかが記載されています。

 

しかし、ビタミンPは厳密にはビタミンの仲間ではなく
ビタミン様物質であるため、含有量の記載はありません。

 

そのため具体的に「この食品にはビタミンPが○mg」という
細かな紹介は出来ませんが、ここではビタミンPの種類
ごとに多く含まれている食品を挙げていきましょう。

 

 

ヘスペリジンはミカンに多い

ビタミンP 食品 画像

 

ビタミンPの代表的な成分であるヘスペリジンは
柑橘類、特にミカンに多く含まれています。

 

ミカンの中でも、未完熟の青ミカンに豊富と言われています。

 

普段食べている果肉の部分にも含まれてはいますが、
ミカンの袋(薄皮)や白いスジの部分には更に
多くのヘスペリジンが含まれているんです。

 

その量は、袋の部分で果肉部の約50倍、スジの部分では
なんと100倍
も含有されていると言われています。

 

そのため、ミカンを食べる時には白いスジの部分を
きれいに取り除いてしまうよりも、スジが付いたまま食べた
方が効率よくヘスペリジンを摂取する事が出来るのです。

 

ビタミンP 食品 画像

 

柑橘類の中でも一般的に「ミカン」と呼ばれている温州ミカン
ヘスペリジンは多く含まれていますが、逆に柑橘系であっても
ヘスペリジンが含まれていないものもあります。

 

それが、和歌山県に自生している「ジャバラ」という柑橘類です。

 

ジャバラはヘスペリジンは含まれてはいませんが
ビタミンPの中でもフラボノイド類は豊富であり、
花粉症の改善などに有効だと言われています。

 

 

ルチンは蕎麦に多い

ビタミンPの一種であるルチンは、蕎麦や
イチジクに多く含まれています。

 

蕎麦の中でも特に韃靼(だったん)蕎麦に多く含まれており、
その量は普通の蕎麦の100倍とも言われています。

 

蕎麦を茹でた湯の中にもルチンは溶けだしているため、
ルチンを摂る為には蕎麦湯も飲むのがおすすめです。

 

 

カテキンは緑茶に多い

「緑茶には殺菌作用のあるカテキンが含まれて
いる」とはよく知られていると思います。

 

風邪の季節には緑茶でうがいをするのも効果的だと言われていますね。

 

このカテキンがビタミンPの一種であり、体脂肪の燃焼を
助けたりインフルエンザなどのウイルスが体内に侵入
するのを防ぐという効果を発揮します。

 

 

ケルセチンは玉ねぎに多い

ケルセチンは、玉ねぎに多く含まれている成分です。

 

玉ねぎは「血液サラサラ効果がある」として有名なので普段の
食事でも積極的に使用している家庭も多いですが、その血液への
効果はビタミンPであるケルセチンの作用によるものが大きいのです。

 

ただ、ケルセチンは玉ねぎの可食部分よりも皮の部分に
多く含まれているため、皮を煮出してお茶として飲むと
ケルセチンを効率よく摂取する事が出来ると言われています。

 

 

ビタミンPサプリの効果は?6つの効果をご紹介

ビタミンPサプリ 効果 画像近年「健康に良い」として注目を集めているビタミンP

サプリですが、具体的にはどのような
効果が期待出来るのでしょうか?

 

ここでは、ビタミンPサプリの持つ6つの効果
ついて詳しく説明しています。

 

 

血流促進

ビタミンPサプリ 効果 画像

 

ビタミンPの効果と言えばまず挙げられるのが血管への効果です。

 

ビタミンPは弾力のある健康的な血管作りをサポートする
ため、中を通る血液をスムーズに通すことが出来ます。

 

その効果の仕組みには、「一酸化窒素」
という成分が関わっています。

 

一酸化窒素は血管を広げる働きを持つ成分ですが、
ビタミンPはその分解を抑える作用があるため血管を広げて
血液をスムーズに流す事が出来るという仕組みです。

 

またビタミンPは抗酸化作用が高く、血液ドロドロの
原因にもなる活性酸素を取り除く働きもあります。

 

ビタミンPは血管と血液の双方に有効に
働きかける事で、血流を促しているのです。

 

 

末梢血管の健康維持

体中の隅々にまで広がっている毛細血管には、血液が運んで
きた栄養や酸素を細胞に届けるという重要な働きがあります。

 

この毛細血管(末梢血管)の健康維持には、血管を
構成しているコラーゲンの働きが大切になっています。

 

そしてコラーゲンの生成には、ビタミンCが関わっています。

 

ビタミンPにはビタミンCを安定化させ、ビタミンCの働きを
サポートする作用があるために、コラーゲンの生成や
毛細血管の健康維持を支える効果があるのです。

 

 

鼻血や内出血の予防

ビタミンPは血管を強く健康的に保つ働きを持つため、
鼻血や内出血を起こしにくくする効果が期待出来ます。

 

 

冷え性改善

血流が滞ると冷え性を引き起こす原因にもなります。

 

ビタミンPの持つ血流促進効果によって体の隅々
にまで血液が巡る事で体温を上昇させ、冷え性
改善にも効果が出ると言われています。

 

 

花粉症予防

ビタミンPには、花粉症などのアレルギー反応による
炎症を抑制する効果もあると言われています。

 

アレルギー反応は、アレルギー物質を感知した体が
白血球(アレルギー物質を攻撃する免疫細胞)を通しやすく
するために血管の透過性を高める事によって起こります。

 

体を守る白血球が働くためには血管の適度な透過性が
必要ですが、これが高すぎるとたんぱく質や水分まで出て
来てしまい鼻水や鼻づまりを引き起こしてしまうのです。

 

ビタミンPには血管の透過性を調節する作用がある
ため水分などが過剰に出てしまうのを防ぎ、花粉症
などのアレルギー反応緩和に繋がります。

 

また、ビタミンPにはヒスタミン(アレルギーを引き起こす
化学物質)の分泌を抑える作用もあると言われています。

 

 

風邪予防

ビタミンPサプリ 効果 画像

 

末梢血管の透過性が高くなり過ぎると、細菌やウイルスも
簡単に血管内に入れるので風邪をひきやすくなってしまいます。

 

ビタミンPは血管の透過性を正常に調節する働きがあるので、
細菌やウイルスの過剰な侵入を抑える事が出来ます。

 

また、ビタミンPの血流改善作用で体温を
上げる事も免疫力アップに有効です。

 

 

 

ビタミンPサプリで冷え性改善!そのメカニズムとは

ビタミンPサプリ 冷え性 画像ビタミンPサプリは、冷え性に悩まされている

方にも愛用されているサプリメントです。

 

ビタミンPを摂る事が、どのような仕組みで
冷え性改善に繋がるのでしょうか?

 

ここでは、ビタミンP(特にヘスペリジン)が冷え症を
改善するメカニズムについて説明していきましょう。

 

 

冷え症の原因は?

冷え症の大きな原因の一つとして、体内の血行不良が挙げられます。

 

体の隅々まで張り巡らされている末梢血管までしっかりと
血液が流れて行かないと、指先や足先が冷えてしまうのです。

 

「厚着をしても、布団に入っても足が暖まらない…」

 

という冷え症の人は、外側から体を温めるだけではなく、
しっかりと血液が流れるように体の内側からも対策をする
事が根本的な冷え性改善への第一歩となります。

 

 

ビタミンPの持つ血流への働き

ビタミンPは、血流を促すために有効な働きをいくつか持っています。

 

ビタミンCをサポート

ビタミンPサプリ 冷え性 画像

 

ビタミンPには、ビタミンCの働きをサポートする作用があります。

 

これがなぜ血流改善に有効なのかと言うと、
ビタミンCはコラーゲン生成に必要な成分だからです。

 

コラーゲンは血管壁を構成する大切な成分なので
ビタミンCのサポートをしてコラーゲン生成を助ければ
血管壁の健康を守る事が出来るという事ですね。

 

健康的な血管は弾力があり、血液をスムーズに流す事が出来ます。

 

ストレスや紫外線、食生活の乱れなどの影響で
体内で活性酸素が作られるとビタミンCが消耗してしまい
ますが、ビタミンPには活性酸素を取り除く効果
あるのでビタミンCを守る事が出来るのです。

 

ビタミンPの血流促進作用の一つめは、この「ビタミンCを
守ってサポートし、健康的な血管を作ること」です。

 

 

高い抗酸化作用

上記@でも少し触れましたが、ビタミンPには
活性酸素を取り除く抗酸化作用があります。

 

紫外線やストレス、生活習慣の乱れや疲れなどの
様々な影響で活性酸素が過剰に発生すると、
血液中にある悪玉コレステロールが酸化します。

 

酸化した悪玉コレステロールが多いと、

 

  • 血管を傷つける
  • 中性脂肪を溜めやすくなる

 

という悪影響が出てきてしまいます。

 

傷ついて弾力を失った血管ではスムーズに血液を流す事が
出来なくなる上に、中性脂肪が増えた血液は粘度が高まり
「ドロドロ血液」となり血管内を流れにくくなってしまうのです。

 

ビタミンPの持つ血流促進作用の二つめは、この「抗酸化作用で
活性酸素を除去し、血液と血管の健康を守る」という働きです。

 

 

血管を広げる

ビタミンPサプリ 冷え性 画像

 

血管の内部では、血管を緩めて広げる働きを
持つ「一酸化窒素」が作られています。

 

この一酸化窒素の働きで血管が広がり、
体の隅々まで血液が流れる事が出来ます。

 

しかし一酸化窒素は活性酸素に弱く、活性酸素
によって分解されてしまうため、活性酸素の過剰発生は
血管が細く硬くなり血流が滞る原因となります。

 

ビタミンPは活性酸素を取り除く働きを持つため
一酸化窒素が分解させるのを抑制します。

 

ビタミンPの持つ血流促進作用の三つめは、この
「一酸化窒素を守って血管を拡張する」という働きです。

 

ビタミンPはこれら3つの働きによって体の隅々まで血液を
流し、体温を上げて冷え性を改善へと働きかけます。

 

 

ビタミンPサプリで脂肪分解!?その効果とは

ビタミンPサプリ 脂肪分解 画像血流改善効果が高く、健康維持や冷え性改善に

有効だとして注目を集めているビタミンPサプリ
ですが、「脂肪分解に効く」とも言われています。

 

ビタミンPと脂肪分解には、どのような
関係があるのでしょうか?

 

ここでは、ビタミンPが持つ脂肪分解に関わる
働きについて詳しく説明しています。

 

 

血流促進で脂肪分解をサポート

ビタミンPの主な働きは、血管や血液の
健康を守って血流を促進することにあります。

 

血流が悪くなると基礎代謝や体温が下がり、そうなると体が
生命を維持するためにエネルギーを溜めようとするので脂肪分解
機能の働きが低下して脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

 

そのため脂肪分解を促進するためには
血流を促進して代謝を上げることが大切です。

 

このことにより、ビタミンPの血流促進作用は
脂肪の分解をサポートする事が出来るのです。

 

 

血中脂肪を減らす

ビタミンPサプリには、血液中の中性脂肪を
減らす働きがあることも知られています。

 

中性脂肪増加を抑制

ビタミンPサプリ 脂肪分解 画像

 

中性脂肪の材料となるのは肝臓の中の脂肪酸ですが、
ビタミンPにはその脂肪酸の分泌を抑える働きがあると言われています。

 

血液中の中性脂肪が増えると体にも脂肪が付きやすくなるので、
ビタミンPには体に脂肪が付くのを抑える効果があるとされています。

 

 

中性脂肪分解を促進

ビタミンPには血液中の中性脂肪の分解を促進する働きがあります。

 

ただし、血液中の中性脂肪は減らしすぎても良くはありません。

 

ビタミンPは摂取し過ぎても、中性脂肪を減らしすぎる事は
無く正常値より下がる事は無いと言われているため、
安心して飲む事が出来るサプリメントです。

 

 

コレステロールの調整

ビタミンPサプリ 脂肪分解 画像

 

ビタミンPには、コレステロール値を調整する働きもあります。

 

中性脂肪が増えると血液中の悪玉コレステロールも
増え、ドロドロ血液と呼ばれる粘度の高い血液
になり血流が滞ってしまいます。

 

血流が悪くなると代謝が下がって脂肪が燃えにくい、
太りやすい体になってしまいますが、この状態が悪化すると
動脈硬化などの生活習慣病にも繋がってしまいます。

 

ビタミンPはコレステロールを調整するとともに
代謝アップにも有効なので、脂肪が分解されやすい
太りにくい体作りをサポートしてくれます。

 

 

脂肪分解に有効なビタミンPは?

ビタミンPには幾つかの種類がありますが、
そのどれもが血管を強くし血流を促す働きを持つので
代謝アップによる脂肪分解効果は期待出来ます。

 

中でもヘスペリジンというビタミンPは、血中中性脂肪や
コレステロール値を減少させる働きに優れているので
脂肪分解に向いていると言えそうです。

 

ヘスペリジンは柑橘類の皮やスジに多く含まれており、特に
多く含んでいるのが青ミカンですが、ミカンをそのまま食べても
体内にはあまり吸収されない性質を持っています。

 

ビタミンPサプリの中には、ヘスペリジンが吸収されやすい
ように加工に工夫
がされている商品もあるため、
効率よくビタミンPを摂取する事が出来ます。

 

 

 

ビタミンPサプリは赤ら顔の改善にも効くってホント?

ビタミンPサプリ 赤ら顔 画像顔が赤くなって見える赤ら顔は、人からも目に

つきやすいし自分でも気になるので、
コンプレックスになりやすいものです。

 

赤ら顔には幾つか種類があり原因も様々
ですが、ビタミンPサプリは赤ら顔の改善にも
有効だと言われています。

 

赤ら顔はどのような原因で、ビタミンPがどのように効果を発揮するのでしょうか?

 

ここでは赤ら顔とビタミンPサプリの関係
について説明していきましょう。

 

 

「赤ら顔」とは?

ビタミンPサプリ 赤ら顔 画像

 

赤ら顔とは、その名の通り「顔が赤くなる」
「赤く見える」という症状の事を言います。

 

大きく分類すると、

 

  • 肌荒れなどの影響で皮膚が赤くなる
  • 血管の影響で赤く見える

 

の2つに分けられます。

 

 

肌荒れなどの影響で起こる赤ら顔

ビタミンPサプリ 冷え性 画像

 

ビタミンPサプリは、肌荒れなどの影響で起こってしまう
赤ら顔の改善に効果が期待出来ます。

 

肌荒れが原因の赤ら顔は、皮脂の過剰分泌による
脂漏性皮膚炎やニキビによる肌の炎症によって
肌が赤く見えてしまう状態です。

 

これを改善するためには正しいスキンケアで
炎症を治す必要があります。

 

ビタミンPには血管の健康を維持して血流を促進する働き
持ち、体の隅々にまで血液を届ける効果があります。

 

この血液は、細胞に酸素や栄養を運ぶ働きを持っているため
血行が悪くなると肌が栄養や酸素不足になってしまい
それが肌荒れに繋がることがあるのです。

 

ビタミンPのサポートによって肌に充分な栄養や酸素が届くと
ターンオーバーが整い、余計な皮脂の分泌を抑えたり
老廃物を排出したりという機能が正常に働くので
肌荒れの改善に効果を発揮すると言われています。

 

また、ニキビや脂漏性皮膚炎とは逆に、肌の皮脂や水分量が
少ない乾燥肌も赤ら顔の原因として考えられます。

 

乾燥によって肌が赤くなる人はビタミンPサプリによる
血流促進に加えて、保湿を意識したスキンケアを
取り入れることがおすすめです。

 

 

血管の影響で起こる赤ら顔

顔の皮膚に張り巡らされている血管の血液の色が何らかの
原因によって透けて見えると、顔が赤く見えてしまいます。

 

この血管の影響による赤ら顔には、いくつかの原因があります。

 

顔の皮膚が薄い

ビタミンPサプリ 赤ら顔 画像

 

顔の皮膚が薄いと、その下にある血管や
血液の色が透けやすくなってしまいます。

 

赤ら顔では頬や鼻が赤くなりやすいのは、
その部分の皮膚が特に薄いためです。

 

人間の顔の皮膚は、腕や足などの他の箇所と比べると
とても薄いものなので少しの刺激でダメージを受けてしまいます。

 

皮膚の薄さで赤ら顔になってしまう方は、

 

  • 洗顔時、ゴシゴシとこすらずに泡で撫でるように洗う
  • スクラブ入りの洗顔料やマッサージは避ける
  • 顔のピーリングはしない

 

など、皮膚を更に薄くするようなスキンケアは
しないように気を付けるようにしましょう。

 

 

赤面症

緊張しやすく、人前に出ると顔が赤くなってしまう症状です。

 

ストレスや緊張を感じると自律神経の作用によって
血管が膨張し、血液の色が透けて見えます。

 

この赤面症の改善の為には、上記@で説明したような
皮膚を薄くしないように気を付けることに加えて
メンタル面からの治療が必要になってきます。

 

 

気温の変化に弱い

人間の体は気温の変化があっても体温を適切に保つために
皮膚の下の毛細血管が伸縮と拡張を繰り返しています。

 

寒暖差が激しく伸縮と拡張を繰り返しているうちに
毛細血管の機能が低下してしまうと、温度を一定にキープ
しようとして血管が広がったままになることがあります。

 

これが赤ら顔の原因になる事があります。

 

 

ビタミンPサプリの飲み方の基本とコツは?

ビタミンPサプリ 飲み方 画像血行促進効果があり、毎日の健康と美容のサポートが

出来るとして近年人気を集めているビタミンPサプリ。

 

ビタミンPの中でも特にヘスペリジンを配合したサプリが
注目されていますが、せっかくサプリを飲むのであれば
出来る限り効果的に飲みたいものですね。

 

ここでは、ビタミンPサプリの飲み方の基本と、
効果的に飲むためのコツについて紹介していきましょう。

 

 

基本の飲み方

ビタミンPサプリ 飲み方 画像

 

サプリメントは医薬品の様な厳しい
用法・用量は定められてはいません。

 

ビタミンPサプリの商品毎に記載されている摂取目安量を
守れば、好きな時間やタイミングで飲む事が出来ます。

 

医薬品とは違い、コーヒーなどの味のついた飲み物で
飲んでも副作用を起こす心配はありませんが、
水かぬるま湯で飲む事がおすすめです。

 

副作用の危険はなくとも、コーヒーやお茶の成分には
カフェインやタンニンが含まれており、その影響でビタミンPが
体内に吸収されるときに阻害されてしまう可能性があるのです。

 

また、飲み物を使用せずにサプリだけを丸飲みに
すると胃を荒らす可能性も考えられます。

 

そのため、効果的にビタミンPサプリを飲む際には
水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

 

飲み方のコツ

ビタミンPサプリを飲む際には、自分の希望する効果によって
飲み方に気を付けると、より効果を実感しやすくなります。

 

毎日決まった時間に飲む

「朝食後」など、毎日の飲む時間を決めておくと
飲み忘れをしにくくなり継続しやすいものです。

 

更に、食後は食べ物と一緒に消化・吸収されるので
サプリの成分の吸収も良いと言われています。

 

そのため、特に飲む時間の指定が無いビタミンPサプリは
食後に飲むようにすると良いでしょう。

 

 

就寝前に飲む

ビタミンPサプリ 飲み方 画像

 

冷え症で手足が冷えて眠れない方におすすめ
なのが、就寝前に飲む方法です。

 

ビタミンPには血流を促進して冷えを緩和する働きが
あるため体が温まり眠りやすくなるとされています。

 

また、就寝中は肌の代謝が行われるので
美肌ケアとしても就寝前の摂取はおすすめです。

 

 

入浴前に飲む

ビタミンPサプリ 飲み方 画像

 

代謝が悪く汗をかきにくい場合、体内に老廃物
などの不要なものを溜め込みがちです。

 

入浴前にビタミンPサプリを飲む事で代謝があがり、
入浴でよく体を温めるとしっかりと汗をかくことが出来、
デトックス効果が高まると期待出来ます。

 

 

運動前に飲む

ビタミンPサプリを飲んでから運動をすると
血行が良くなり体が燃えやすい状態になります。

 

「ビタミンP」と「運動」のダブルの代謝アップ効果で
体がよく温まるので、ダイエットにも効果的です。

 

 

効果を出すために大切な事

ビタミンPサプリを飲んで効果を出すためには、
毎日継続して飲む」という事が最も大切になっています。

 

医薬品とは異なり、サプリには即効性の強力な作用は
ありませんがある程度の期間をかけながらゆっくりと
体質を変えていくという特徴をもっています。

 

そのため、摂取目安量を守りながら継続して飲み続ける事が
最も効果を期待出来るサプリの飲み方になっています。

 

 

 

ビタミンPサプリで副作用?その可能性は

ビタミンPサプリ 副作用 画像血流促進効果による冷え性改善や

ダイエットサポート、花粉症の緩和など、様々な
健康効果が期待出来るビタミンPサプリ。

 

主な成分は、ミカンの皮やスジの部分に多く含まれている
ヘスペリジンというビタミンPの一種ですが、この成分を含む
サプリメントには副作用の心配はあるのでしょうか?

 

毎日継続して飲むサプリメントは、その安全性に
ついても考えておかなければなりません。

 

ここでは、ビタミンPサプリの副作用の可能性
について説明していきましょう。

 

 

副作用の心配は無い

結論から言うと、ビタミンPサプリには
副作用の心配はほとんど無いと言えます。

 

ビタミンPサプリは医薬品のように強い作用のある
薬ではなく、あくまでも「食品」に分類されている
ので安心して飲む事が出来ます

 

ただ、体質によっては合わないという可能性も
考えられるので万が一体質に合わずに不調を
感じた時には飲むのを中止するようにしましょう。

 

 

目安量について

副作用の心配はほとんど無いとはいえ、過剰に多く飲むと
思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

 

一度に多く飲んだからと言って効果が高まるものでは
ないので目安量を守って継続して飲むようにしましょう。

 

 

食品アレルギーについて

副作用とは異なりますが、食品アレルギーのある方は
ビタミンPサプリを飲む際にも注意が必要です。

 

ビタミンPサプリは、原料にミカンなどの柑橘類を
使っている商品が多いですが、同じ柑橘類のオレンジは
アレルギーを起こす可能性が高く、アレルギー特定原材料
としての表示も定められている食材です。

 

オレンジアレルギーの方はミカンでも
アレルギー症状が出る可能性があります。

 

また、花粉症を起こすイネ科のカモガヤは
ミカンと同じ型のアレルゲン物質を持っているため、
カモガヤ花粉症の方も注意が必要だと言えます。

 

アレルギー体質でビタミンPサプリの摂取が心配な場合は、
かかりつけの医師に相談の上で飲むようにしましょう。

 

ビタミンPサプリはミカン以外にも様々な原料が
使用されているため、その他のアレルギーの方も事前に
原材料をよく確認した上で飲むようにして下さい。

 

 

【※ミカンアレルギーの症状について】
ビタミンPサプリ 副作用 画像

 

ミカンアレルギーは、口に症状が出る事が多いアレルギーです。

 

口の周りや唇、ノドに痒みや腫れ、じんましんが出たり、
咳や息苦しさを生じたりという症状が特徴です。

 

また、腸に届く前に壊れやすいミカンのアレルゲンですが
消化器官まで届くと腹痛や下痢を起こすこともあります。

 

まれにアナフィラキシーショックを起こす場合もあるので、
ミカンを食べた後にこのような異常を感じたことがある方は
一度病院でアレルギー検査をしてもらう事をお勧めします。

 

 

妊娠中や授乳乳の摂取について

ビタミンPサプリ 副作用 画像

 

妊娠中や授乳中は体質や体調が変化しやすく
体がとてもデリケートになっている時期です。

 

そのためサプリメントには、事前に医師や薬剤師などの
専門家に相談してから飲むように勧めている商品が
多く、ビタミンPサプリも例外ではありません。

 

ビタミンPサプリは赤ちゃんに危険な影響を及ぼすような
成分は配合されていませんが、念のため専門家に
確認しておくとより安心して飲む事が出来ます。

 

 

手軽に買える!市販のビタミンPサプリ人気商品5種

ビタミンPサプリ 市販 画像健康効果が高いとして人気のビタミンPサプリは、

現在数多くの商品が販売されています。

 

一口に「ビタミンPサプリ」と言ってもその特徴は
様々ですが、あまり種類があるとどれを選べば
良いのか迷ってしまいますね。

 

ここでは、市販のビタミンPサプリの中でも人気のある
5つの商品について、その特徴を紹介していきましょう。

 

 

αGヘルペリジン+ナノヘスペレチン(グリコ)

ビタミンPサプリ 市販 画像

 

大手の食品メーカーであるグリコが開発したビタミンPサプリで、
体への吸収率の高さが大きな特徴の一つになっています。

 

メーカー独自の加工を施したヘスペリジンを
2種類配合
する事によって、高い効果が期待出来ます。

 

一つ目は、「糖転移ヘスペリジン」と呼ばれるヘスペリジンに
ブドウ糖をくっつけた成分で、ゆっくりと確実に体中に
吸収されていく性質を持っています。

 

もう一つは「ナノヘスペレチン」という成分です。

 

ヘスペリジンは体内に入るとヘスペレチンという物質に
変化しますが、このヘスペレチンの粒を細かくして
吸収率を上げた成分がナノヘスペレチンです。

 

ナノヘスペレチンは吸収の早さに優れているため、
糖転移ヘスペリジンとナノヘスペレチンをダブルで配合する事で
「早く」「長く」「しっかり」と効くのが、この商品の特徴です。

 

 

金時生姜+7種(noi)

一見するとビタミンPサプリには見えない商品ですが、
主成分である金時生姜に加えて糖転移ヘスペリジンも配合
されておりビタミンPを摂取する事が出来るサプリです。

 

生姜はビタミンPと同様に血流を促進して体を温める成分で、
この他にも体を温める作用のあるビタミン類やヒハツを
使用しているため、冷えが気になる方におすすめの商品です。

 

 

DHCのビタミンP(糖転移ヘスペリジン)(DHC)

多数の人気サプリを手掛けているDHCの
ビタミンPサプリで、一日分(2粒)にはミカン30個分もの
ヘスペリジンが配合されています。

 

一日分あたり500rものヘスペリジンが配合されている
というその配合量の多さが特徴のビタミンPサプリです。

 

 

やかないサプリ(オルト)

多くのビタミンPサプリが血行促進や冷え症改善などの
健康効果を謳っている中で、このやかないサプリは
「日焼け防止」を目的として作られているのが特徴です。

 

肌の健康を守るためにヘスペリジンが配合されており、
紫外線を受けた後の肌の代謝を上げる事でダメージを
蓄積せずにしっかりとケアする事が出来ると考えられています。

 

 

エクオール(小林製薬)

大手製薬会社である小林製薬のビタミンPサプリで、
大豆イソフラボンが使用されているのが特徴です。

 

大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用があるため、
生理不順や生理前の体調不良、更年期障害などのホルモン
バランスの影響で起こる不調の緩和に有効と言われています。

 

また、このエクオールにはサポート成分として
ビタミンPであるヘスペリジンも配合されています。

 

 

おすすめのビタミンPサプリは?

上記で紹介した5つの商品は、どれもが人気のある商品になっています。

 

そのため、希望する効果や価格とのバランスなど、
人によって、選ぶべき商品は異なるため一概には
「コレが絶対良い!」とは言えません。

 

ただ、その中でも特におすすめの商品を一つ挙げるとすると
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンがお勧めです。

 

ビタミンPサプリ 市販 画像

 

成分的に見ても、素早く効き持続する効果が
期待出来る高品質なサプリであるにも関わらず、
購入しやすい価格という点でも評価出来る商品です。

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは通常価格2,160円、
初めての購入なら半額の1,080円で購入する事が出来ます。

 

初めてのビタミンPサプリ選びで迷っている方や、
とりあえず人気のビタミンPサプリを飲んでみたいという
方には、まずはグリコのαGヘスペリジン+ナノヘスペレチン
から試してみて欲しいと思います。